ポイント高還元クレジットカード、これからの定番はJCBカードW

THE・節約術
スポンサーリンク

JCBカードW

 JCBカードWとはズバリJCBが本気を出したポイント高還元カードです。提携カードではなくいわゆるJCBプロパーカードと呼ばれるカードの1つで、ポイント還元約1~2%を実現した高機能がウリです。

 実のところこのカードを持つまで私はプロパーカードってポイント還元はそれほどでもなくてステータス目的で持つカードだしあんまり縁がないないかなと思っていました。このカードを作ったのは2018年の冬でした。この時これまでのオリコTHE POINTカードに変わるいいカードがないかなと探していたら見つけました。当時このカードが出たばかりでそれほど有名ではありませんでしたが先駆者の紹介を目にして、よし試してみようと思い作りました。というのもこのカード作るに当たり満たすべき厳密な条件があります。

満40歳未満であること。 
入会は39歳までが条件です。

 実は私はその時点で39歳でした。誕生日までは時間がありましたが誕生日を迎えると、どんなに私が高収入になろうとも優良なユーザであっても決して作ることができなくなるのでした。クレジットカードは色々と比較検討中で2、3種類の候補はありましたが、このカードを作ることに決めて早速申し込んだのでした。
結果は。

作ってよかった!
ポイントもバンバン貯まりました。

 補足ですが、作る時点で年齢条件を満たしていれば作った後に40歳を迎えてもずっとカードを維持することができます。既に40歳を過ぎている私が言うので間違いありません。ではJCBカードWってどんなカードか、簡単ですがご紹介しましょう。

スポンサーリンク

当然の年会費無料

 当たり前すぎて説明する余地はありませんね。こういったポイント高還元カードではこれがないともはや作ってもらえません。例外としては年会費がそこそこかかる代わりに還元率がものすごく年会費なんてすぐにペイして、結果的にポイント高還元を実現しているカードがあります。私はそのような理由かつ、auユーザーなので「au WALLET クレジットカード ゴールド」も所有しています。そちらの紹介記事は↓をご覧ください。

auユーザーへのau WALLETゴールドカードのおすすめ
きっかけ 私は2年ほど前よりメインカードはJCBのカードWを利用しています。それ以前はオリコのTHE POINTカードでした。どちらもポイント還元率が1%以上の高還元率カードです。しかし、ふと気づいたのです。au WALLET ク...
スポンサーリンク

ポイント還元

 近年はポイント業界もシビアになってきており、還元率0.5%が当たり前のようになってきています。しかし、このカードWならばさらに0.5%加算され通常の2倍の還元率1%を実現しており、条件によりもっと高還元率となっています。カードの名前がダブルと名付けられた所以ですね。でも1%ぐらいではちょっと当たり前ですよね。

通常のJCBカードなら0.5%相当の還元。
カードWならいつもその倍の1%相当の還元。
ここまでならもはや当たり前の還元率ですね。
しかしそれに加えて次のような還元率の優遇があります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スポンサーリンク

Amazonで貯まる!多彩なポイントアップ対象

 実は私がこのカードを作る決め手となったポイントがこれ。Amazonで利用するとポイントが3倍に。つまり通常の還元率0.5%の3倍の1.5%ということです。

 このカードを作る以前から私はAmazonのヘビーユーザでした。○天をメインで使っていたなら○天カードにしたでしょう。しかし多い時で週に3~4回も黒いネコさんがAmazonの箱を届けてくれる我が家、この条件こそ渡りに船だったわけです。もちろんAmazonだけではなくて他にもポイントアップ対象がたくさんあります。私の地方の環境では毎週ガソリンを入れるのでそちらも助かります。セブンイレブンもよく使うコンビニです。

Amazonでポイントアップ!他にもこんなに対象があります。



スポンサーリンク

電子マネーで小さなことからコツコツと

 どこかで聞いたようなフレーズですが、私が重視しているもう1つがこの機能です。電子マネー対応であることです。最近でこそ対応していないカードが少なくなりましたが、私は電子マネー黎明期から電子マネーを利用していました。

 その理由は小さな支払いでもキッチリポイントを拾っていきましょう、ということです。大きな支払いでクレカ払いにしてポイントをゲットするのは当たり前ですがみなさん家計簿はつけていますか?日常の細かい支払いも月単位で見てみると、さらに年単位で見てみると大きなまとまった支払いになっています。この支払いでもポイントもらいましょうよ。でもコンビニやスーパーの支払いで毎回クレカ出すのも面倒ですよね。そんな時に便利なのが電子マネーです。かざして一瞬で支払いです。これに慣れてしまうと財布を出すことが面倒になります。もちろん便利だからといって支払い自体の回数が増えないようにコントロールは必要ですが、それは現金も同じことです。
 ちなみにまだまだ電子マネーが今ほど普及していない時に便利だったのがオリコのTHE POINTカードです。もちろん今でも高還元で便利ですがこのカードはカード自体にQuickPayとiDの両方を備えている優れものでした。私はこのカードも作ったことがあるのでそのうちレビューしますね。

 もう1つお節介ついでですが、公共料金の支払いなんかもちゃんとクレカで設定しましょうね。年間のポイント収入の主力と言っても過言ではありませんからね。 どうせ払うものならキッチリポイントもらいましょう。

スポンサーリンク

さらに入会後のキャンペーン

 入会後のキャンペーンも現在はどのカードも定番ですね。このカードはだいたいいつもなのですが(笑)インターネット新規入会限定キャンペーンを行っています。詳しくはこちらをご覧ください。作りたいけど大きな出費があるのはこの月と決まっている場合はそこから逆算して作りましょう。もちろん作るときに40歳を迎えないことだけはご注意ですよ。

※2019年7月9日現在の情報です。最新の情報は公式サイトでご確認ください。

インターネット新規入会限定キャンペーン| クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード
スポンサーリンク

ポイント利用のバリエーション

 貯まったポイントは貯めておくだけでは意味はありません。ちゃんと使ってこその価値です。ポイントはOkiDokiポイントというJCBのポイントで貯まって、専用サイトで各種の商品に交換できます。

 でもこういった交換対象商品は実は市場では安売りされていたり、そもそも選択肢が少なかったりしますよね。でもOkiDokiポイントはAmazonギフトカードiTunesカードに交換することができます。AmazonやiTunesのポイントはそのまま支払いに使えるので損はしませんし、欲しいものが買えます。さらに設定することによってAmazonの支払い時にポイントをそのまま入力して支払いに充当することができます。この場合は1回ギフトカードを受け取る挟む手間も時間もかからず、すごく便利です。ギフトカードは申し込み後に郵送されてくるので1週間前後かかります。



スポンサーリンク

各種旅行保険、ショッピング保険

 最後に付帯する旅行保険、ショッピング保険については次のとおりです。 海外旅行傷害保険は最高2000万円(死亡・後遺障害の場合)、海外ショッピング保険は年間100万円を限度に破損、紛失に対する補償となっています。これがあると高いものを買う時はちょっとだけ安心ですよね。もちろんこのカードで支払った場合に適用ですのでご注意くださいね。
※2019年7月現在の情報です。

スポンサーリンク

まとめ

 以上がこのカードをおすすめする理由でした。ポイントをまとめますね。
 40歳未満の方は試しに作るだけでも損はないですよ。ガッツリとポイントを稼ぎましょう。

  • 当然の年会費無料。
  • 高ポイント還元。
  • Amazon、セブンイレブンなど多彩なポイントアップ対象。
  • 電子マネー対応で小さな支払いからポイント貯まる。
  • 入会後のポイントアップキャンペーンも充実。
  • 多彩なポイント利用のバリエーション、Amazonでそのまま使うことも可能。
  • 各種旅行保険、ショッピング保険も充実。

免責事項
上記内容はすべて2019年7月9日現在のものです。
変更等ある可能性があるため入会前に公式サイトをご確認ください。

#節約術 #クレジットカード #JCB #カードW

タイトルとURLをコピーしました