さぬきめし(vol.4:八つ刻 醍醐)

さぬきめし
スポンサーリンク

見せてみろ真のわらび餅の実力とやらを!

 さて今回は甘味の紹介です。善通寺市にある八つ刻 醍醐というお店なのですが、一見民家なので通り過ぎそうですが、繁盛しているので通り過ごすことはあまりないでしょう。さて、お店の名前の由来はおやつの語源である八つ刻とわらび餅をこよなく愛した醍醐天皇からきているそうです。

 ここのウリは本わらび粉を100%使用したわらび餅ということ、こだわりが伺えます。そしてやはりというかそれなりのお値段がします。本わらび餅はなんと一人前が1000円ということ。でもね、それだけするってことは美味いことが約束されているって思いませんか?そんな期待を胸に本わらび粉を注文したのでした。

 注文したらそこから作り始めてくれます。小さなフライパンに一人前分のわらび餅をこねこねして、それを見せてくれました。ほどなくして出来上がったわらび餅、なんと賞味期限は20分とのこと。そのぐらいで粘りが弱くなるからねー、と親切にレクチャーしてくれました。もちろんお店の傍で食べることもできます。私は近くの公園に場所を移して食べるのでありました。

 手に持ってみてあったかさに普通のわらび餅との違いを実感するのでした。そして食べてると、柔らか!と声が出ました。トロトロふわふわモチモチです。たっぷりのきな粉にわらび餅そのものの味、えもいわれぬ食感、お値段に納得です。

 写真にもあるようにこれ以外にも多種多様なバリエーションがあります。私は隣の市に住んでいるのでまた行けるということで次回以降に他のメニューを試したいと思います。もちろん再訪決定です。

スポンサーリンク

PLACE

八つ刻 醍醐
 善通寺市木徳町 297-1
 定休日:火、水、木

#香川県 #うどん県 #スィーツ #和菓子 #八つ刻醍醐

タイトルとURLをコピーしました