地方レッズサポの参戦記&旅行記(#27:200811 VS横浜M)

地方レッズサポの参戦記&旅行記
スポンサーリンク

APPROACH

 この試合は地元香川県での天皇杯でした。当然車での参戦です。電車は香川県では主要な移動手段ではありません。県の中央からやや北側を東西に延びる路線で、まず駅へのアプローチが車になるわけですからね。都会の人にとっては不便そうですが、ずっとここに住んでいると電車のほうが不便なんですよね。買い物にいっても荷物を家までもって帰らなければいけないとか、少し大きい荷物も配達になるとか不便なんですよね。住めば都とはこのことですね。ですから1993年以来レッズを応援し続けて大学では一旦県外へは出たもののそれ以外は地元から出る気は一切ありませんでした。もちろんこれからもそうなるでしょう。

 丸亀競技場は現在ではバックスタンドもベンチシートが備えられていますが当時はまだ芝生でした。カマタマーレ讃岐がJ2に上がるのをきっかけに改修されたようです。地元ながらいつされたのか詳しいことは不明です(笑)私はやっぱりサッカーは専用スタジアムが一番なのでこの競技場は陸上トラックがありイマイチですが、傾斜の感じは比較的ピッチが見やすくましなほうだと思います。余談ですが地元にチームがあるけれどやっぱりそのずっと昔から応援しつづけているレッズより存在が上になることはありませんね。気にはかけているけれどくらいの位置づけです。

 この時代は天皇杯はトーナメントの比較的下のマッチはいわゆる地方で分散開催されることが多かったですね。カマタマーレがJ2に上がりその枠を食いその後、今はJ1のホームの県で開催されることが多くなり、ここが天皇杯の会場になることはほとんどなくなりました。地方のサッカーファンにとっては寂しいですね。

スポンサーリンク

MATCH&TOPIC

 さて、この試合は最後までドタバタしたチームを象徴したような展開でした。グダグダで失点するも不思議に強引にゴールでき延長PK戦まで行きますが敗戦となりました。私は参戦回数こそ少ないながらも全部天皇杯ですが、色々な監督のラストマッチに立ち会うことが多いです。2006シーズン最終の天皇杯決勝のギド監督、この試合のゲルト・エンゲルス監督、この先ですが2010年天皇杯でのフォルカー・フィンケ監督。天皇杯がラストとなることが多いので勝って見送れるのは優勝だけですね。あ、シーズン中退任は別ですよ。

 せっかくの地元の記事なのでここでおすすめの立ち寄りスポットを紹介します。丸亀競技場はJR丸亀駅から徒歩だと20~30分程度と歩ける(笑)距離ですが、おすすめは高松空港からレンタカーです。カーシェアもいいですね。というのも立地条件が空港からJRへ乗り継ごうとすると一旦リムジンバスで40分~60分の高松駅まで、そこからおよそ30km、電車だと30~40分の丸亀駅まで行って歩くという段取りですね。地図で言うと内陸部の高松駅からぐるっと海岸沿いを動くイメージです。ところが車だと空港から丸亀競技場までは山あいの国道を抜けておよそ50分~60分程度ですね。これが1つ目のポイントで時間が短い。ちなみに丸亀競技場は無料の臨時駐車場があるので費用はかかりません。

 もう1つ目のポイントは寄り道ができる。なんせ香川県は車社会です。有名うどん店は軒並み郊外にあり車がないと話にならないところばかりです。

 そしてその2つのポイントが融合するポイントが、空港から丸亀競技場への道中に超有名店があることです。地元チームのチーム名のカマタマーレの由来である釜玉うどんの発祥のお店があります。「山越」という店です。なんせ有名店で混み合うので始発便でこられて車で綾川町を経由して朝立ち寄るのが待ち時間的にもベストです。綾川町は比較的空港に近いところにあります。その後、丸亀方面へ車を進めてください。丸亀競技場の場所を確認したらまんのう町へと向かってみてください。釜揚げうどんで有名な「長田」があります。道中で分家の「長田in香の香」がありますのでそちらもおすすめです。同じくまんのう地域では醤油かけうどんの「小縣家」もあります。醤油うどんとはゆであがった麺につゆではなくて生醤油をさらっとかけて大根おろしとレモンをお好みで一緒に食べるうどんです。夏はこれが一番ですね。お土産物通販もあるようですから貼っておきますね。


スポンサーリンク

RESULT

200811 VS横浜M(E) @丸亀競技場
 2-2PK負 得点:セルヒオ、堀之内

#Jリーグ #浦和レッズ #地方レッズ #地方サポ #参戦簿 #参戦記 #旅行記 #香川県 #うどん県 #讃岐うどん #山越うどん #長田うどん #小縣家うどん




タイトルとURLをコピーしました