地方レッズサポの参戦記&旅行記(#23:200709 VS広島)

地方レッズサポの参戦記&旅行記
スポンサーリンク

APPROACH

 2007シーズンです。この年から私生活の環境が大きく変わって参戦機会が激減します。このシーズンと翌シーズンは激減とまではいきませんが2009シーズンからはおよそシーズンに数回となります。 地方サポにとってはそれでも充分ですがね。

スポンサーリンク

MATCH&TOPIC

 試合展開はもう広島は何回も行ったので執筆時の2019年時点では記憶にございません。せめてものということこでこのシーズンサマリーを。

 この年は前シーズンにリーグ優勝&天皇杯優勝のダブルを達成し、連覇とともにレッズとしても日本勢としても初のアジアチャンピオンを獲るべくアジアチャンピオンズリーグにも望むシーズンでした。シーズン通して戦力は盤石、この試合の2か月後の2007年11月14日、奇しくも埼玉県の日に埼玉スタジアムにてアジアチャンピオンに輝きました。

 しかし日程は過密を極めこの後リーグ戦では失速し連覇を逃しました。シーズン通して強くて強くて隙がなかったのことを反映したのがこの年のベストイレブンでした。およそ半数がレッズの選手で、さらにMVPはポンテでした。この年あたりは最終節の前節に投票が行われ、最終節を迎える段階でもレッズの優勝への可能性はかなり優勢な状況だったこともあり、このような結果となりました。また、最終節でポンテが負傷し表彰式は欠場というすごく寂しい雰囲気だったことを覚えています。

 ただし、リーグ戦を逃したことにより奮起しクラブワールドカップではACミランに数字上惜敗、3位決定戦ではエトワール・サヘルに勝利し3位となりました。
(数字上惜敗というのはスコアは0-1だったものの実力的には大きく差があると感じたからです。)

 このシーズンはポンテとともに新加入した阿部も奮闘、活躍しました。私はこのシーズンのチームがレッズ史上では最強と考えています。このようにリーグのなかでは突出したチーム力でありながら固く守りつつ圧倒的な個の力で勝っていくというチームは内外からいろいろ揶揄されましたね。この翌シーズンをきっかけに一旦レッズはパスを主体とした組織的で攻撃的なチームを目指す方針転換を行いました。

 私のサッカー観も今でこそ、このシーズンが最強と言っていますが、美しいパスサッカーがいいと考えた時期ではありました。今現在は勝つことが前提で内容もついてくればもっといいねという感じです。理想は相手がどんなに色々考えても圧倒的な力でそのガードの上からでも殴り倒してしまうというようなチームが好きです。

スポンサーリンク

RESULT

200709 VS広島(A) @ビッグアーチ
 4-2勝 得点:達也、長谷部、永井、ワシントン

#Jリーグ #浦和レッズ #地方レッズ #地方サポ #参戦簿 #参戦記 #旅行記



タイトルとURLをコピーしました