ガンプラ初心者素組み製作記(#33:〔MG〕ガンダムF91)〜さぬきの星より愛をこめて〜

ガンプラ初心者素組み製作記~さぬきの星より愛をこめて~
スポンサーリンク

開封の儀

 MGガンダムF91です。製作は2020年4月頃です。この機体はガンダムF91の主人公の1人であるシーブック・アノーが搭乗したMSです。

 この機体はシーブックの母が設計した機体で、偶然シーブックが搭乗することになった機体ですね。時代は現在公開されている宇宙世紀では比較的後半の部類で小型化やファンネルといったサイコミュ装置に変わってバイオセンサーのようなテクノロジーが台頭してきた頃です。この機体の主兵器はV.S.B.Rことベスバーですね。やはり羽のような待機状態で使用時は高出力でロマン溢れています。余談ですが私は当初べスパーと読み間違えていましたが、アルファベットを見てベスバーなんだと知りました。

 このキットはver2ということで細部にリファインが施されています。LEDが仕込めるのも特徴ですね。内部の機械パーツの再現としてメッキパーツも使用されています。

スポンサーリンク

組み立て

胸部の組み立て

 MGにしては珍しく胸部からの組み立てです。コックピットブロックがクリアーでもちろんハッチ開閉ギミックもあります。外装から除くメッキパーツがいい演出をしてくれていますね。

頭部の組み立て

 頭部は3種類2個用意されています。固定で通常バージョンとパーツ組み換えでフェイスオープン状態の2種類1個と可変式でフェイスオープン状態が可能となる1個です。したがって頭部の組み立てだけでも結構な時間がかかりました(笑)

腕部の組み立て

 腕部は左右非対称になっており、左腕にはビームシールドのマウント部分が付いています。こちらはせりだす時もパーツ着脱なくせりださせられます。肩部の放熱板も同様にスライドして露出させられます。

脚部の組み立て

 脚部にもメッキのパーツが使われています。放熱用の開口部は一番上を動かすと下のパーツも連動して動くようになっています。可動域は最近のMGなので充分ですね。

腰部の組み立て

 腰部で目を引くのはサイドスカートの作りの良さです。外見は同じですが収納武器が違うので作りは左右非対称となっています。ビームシールドの予備やビームサーベルの取り出しギミックが細やかに再現されています。

武装の組み立て&デカール貼り

 この機体の武装の花形はやはりベスバーでしょう。もちろん可動伸縮バッチリです。願わくば手首で専用持ち手が欲しかったですね。デカールはそれほど量は多くなく、いつものMG、RGほど時間はかかりませんでした。肩のF91のマーキングは転写式のデカールでした。ライフル、バズーカとも本体同様に白が映えるデザインですね。これでMGガンダムF91の完成です。

スポンサーリンク

名セリフ

 シーブックの名セリフは↓のような感じです。

  • だってよ…アーサーなんだぜ。
  • そうか…このモビルスーツ、お母ちゃんが触っていたんだな…。
  • あれ、花なんだ…。セシリーの花なんだよ!セシリーに決まっているじゃないか!

 以上でMGガンダムF91の製作記の任務完了。次回はHGガンダムフェネクス(デストロイモード)です。任務了解

#ガンダム #ガンプラ #素組み #パチ組み #ガンダムF91 #MG #MGガンダムF91 #ガンダムF91 #シーブック・アノー




関連記事


ガンプラ初心者素組み製作記(#33:〔MG〕ガンダムF91)〜さぬきの星より愛をこめて〜

タイトルとURLをコピーしました