口内炎が治った体験談!リステリンの紫がおすすめ

買ってよかったおすすめグッズ
スポンサーリンク

口内炎にはリステリンの紫がいい

 口内炎にはリステリンの紫がいいとネット上でここ数年かなり見かけるようになりました。なんで紫なんだろうと調べてみると、液体はみがきで一番刺激が強いやつなんやねぇ、医薬部外品って書いてあるぞ、これが一番効くって噂なんやぁ。なるほどとその時はきにもしていませんでした。

 時は重ねて数か月、奴がやってきました。そう口内炎です。今回は大型のやつですよ口の中が痛い痛い、物を食べる時にもしみる、しみる。

スポンサーリンク

見せてみろ!紫の力

 口内炎ってできてる間はものすごく色んなことに対する意欲やテンションが下がりますよね。人間にとってものを食べるというのはものすごく基本的なことで重要なことと身を持って感じます。口内炎が痛くて食欲が落ちて、どうにか早く治らないかなぁと思っていたら数か月前に調べたことが頭をよぎります。

そうだ!リステリンを試してみよう!

 薬局へ走りました。この時は冷静ではなかったのでお店へ行きましたが、よくよく考えれば私が普段お世話になっているアマゾンさんが安くておうちまで持ってきてくれますよね。2回目以降は1000mlのをアマゾンで買いました。まとめて買うとさらにお得ですし。ちなみに初回は半信半疑だったので500mlのを買いました。

 そして、さっそく歯磨きのときに口にふくんで…。あ、しみる…そうよね効くんだからしみるよね。実際刺激は強いです。私は歯茎も少し炎症があったので全体的にしみました。でもこの刺激が治している証と思いがんばりました。実際はそれほどがんばらずに数日で慣れました。むしろ刺激が心地よく感じるようになりました。もちろん個人差はありますよ。

スポンサーリンク

効果のほどは?

 私の場合、効きました。さすがに当日から治るということはありませんが、2~3日で痛みがやわらぎました。その後知らないうちに治っていた感じです。

 そして、いくつかの副産物がありました。それは、口内炎にならなくなったことです。リステリンは口内炎が治った後も継続的に使っていたのですが、そこから現在に至るまでまだ、口内炎ができていません。私は仕事が忙しい時によくなっていて、この期間も数回いつもなら口内炎ができていただろう時期もありましたが、できていません。

 また、歯茎に炎症が見られたのですが、出血も止まり使い始めの時より明らかに刺激を感じなくなっています。

※もちろんこれは私の体験談ですので、効果のほどは個人により差があります。

スポンサーリンク

ランニングコストは?

 効くのはわかったけど値段が高いとなかなか続けるのは難しいですよね。ランニングコストはだいたい↓のような感じです。

ランニングコスト

1回20ml、1000mlで50回使えるので、
1000mlでだいたい1000円前後で購入できると考えて、
1回20円ということになります。

スポンサーリンク

ラインナップ

 私が使っているのはノンアルコールタイプです。はじめ使っていた時はラインナップされていなかったのですが、使うため購入するときにはラインナップされていました。なにやら低刺激タイプとのこと。実際使った感想は、これでも刺激はありますよ(笑)量は500mlと1000mlがあります。おすすめは初回は500mlで継続するならば2回目以降は1000mlの複数本セットです。それぞれ両方のリンクを貼っておきますね。


#マウスウォッシュ #リステリン紫 #リステリン紫ノンアルコール

タイトルとURLをコピーしました